会長の挨拶

 皆様方には、平素より本会の業務運営並びに本県の農業農村整備事業の推進につきまして、格別のご支援とご尽力を賜りお礼申し上げます。
 本年も役員、会員の皆様はもとより、関係各位のご支援を得まして会の運営を行って参りますのでどうぞ宜しくお願いします。
 さて、農業・農村は、安全で安心な食料を供給する場であるとともに、国土の保全、豊かな自然環境、安らぎのある農村環境の形成などの多面的機能を有しており、国民生活に大変重要な役割を果たしております。
 国においては、「新たな土地改良長期計画」に基づき、農業の競争力強化や国土強靱化等の施策を推進しており、昨年の通常国会で改正土地改良法が成立し、担い手への農地の集積・集約の加速化に向け、農地中間管理機構と連携した新たな基盤整備事業の創設、防災・減災対策の強化や事業実施手続きの簡素化などの制度などを整えております。
 山梨県においても、「地域の魅力の原動力『やまなし農業』」を目指して、「新・やまなし農業大綱」を策定し、高品質化・販路開拓による儲かる農業の展開、活気に満ちあふれた農山村を創造するための諸施策を展開しています。
 しかしながら、農業農村を取り巻く状況は、高齢化、担い手の減少、耕作放棄地の増大や鳥獣被害の増加、農産物価格の低迷等に対する不安及び施設の老朽化など、厳しい状況が続いており、農家の意欲減退が懸念されるところです。
 このような時こそ、農業農村の将来像をそれぞれの地域で描き、解決策をひとつひとつ丁寧かつ確実に実践していくことが重要であり、このことが地域の活力の向上、強いては地方創生に繋がるものだと確信します。

 本会といたしましても、国、県、市町村をはじめとする関係機関との連携を図り、会員の皆様方のニーズに応えられるよう農業農村の更なる振興と発展に努めて参りますので、一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。